商品について

item

中国美術の買取について

中国美術をを高く買取してもらうときのポイント

◆ 唐・宋・元・明・清朝等時代がしっかりした良い物
◆ 著名な作家の作品
◆ 翡翠や玉の置物

※ご注意して頂きたいのは、偽物や工芸品も多数出回っております。

中国では有史以前より玉を「石の美なるもの」(玉為石之美者)として数千年の間好まれて参りました。 元来道具として使われて来た石が、銅の発見とともに道具としてよりも、祭礼の対象や祥瑞のあらわれとして威厳を持ち、礼を象徴する器から世界に誇る中国の伝統的な「琢玉工芸」として昇華されてきました。

玉は大きく分けて、三種類に大別されます。

一つは祭礼品としての礼拝の対象。
一つは中国各朝廷で使用される礼器。
そして一つは、装飾器、喪葬器です。
身につける飾り物としての佩飾玉(はいしょくぎょく)、器物の上に象嵌された鑲嵌玉(じょうがんぎょく)その他文房具類の筆立、腕枕、硯、陳列用の山岳形、花瓶、香炉、瓜果や蔬菜形、人馬、車船、さらに盤盌、酒盃、茶壺等

中国美術の買取一覧はこちらから >

中国美術の高騰

戦時中や古い時代、内戦や、文化大改革等日本には多くの中国美術が溢れていました。

そして現在、中国の富裕層が当時、日本に流出した中国の骨董品や、陶芸品を買い戻すようになってきている傾向にあります。

そうした背景もあり現在は中国の骨董品が高額で取引されております。

電話でのお問い合わせはこちら

メールのお問い合わせはこちら
lINEでのお問い合わせはこちら